便所飯やめよう!他人の目なんか気にするな!

benjo

スポンサーリンク

便所飯という言葉があります。

ひとりでご飯を食べているところを見られるのが恥ずかしいから、トイレで食べることです。

でもトイレで飯食って美味しいわけありません。人生損してます。

それになにより、そんなことして逆に恥ずかしくないの?その程度のことを気にして生きてるの?そんな生き方でいいの?

なぜ自問しないんだ。

ということで便所飯ってダサいからやめよう!

他人はあなたのことなど気にしていない

はっきり言いますが、便所飯なんて三流ぼっちのやることです。

自意識過剰なんです。

他人はあなたのことなど気にして生きていません。人間というのは、他人のことよりも自分の鼻のニキビの方が気になる生き物です。

とにかく他人の目を気にし過ぎなんです。なんで自分の生きたいように生きれないんだ。

仮に、あなたを馬鹿にする人がいたとしても無視すればいいだけの話。他人をとやかく言ってる人間は、人間性にかけます。そんな奴のいうこと、気にする必要ないです。

そしてそんな低劣な人間と友達になっても得るものなんてないです。そんな友達いりません。というか友達なんて少ない方がいいんです。孤独のメリットは自由であること。他人と連んでしか生きられない人間は不自由です。他人に流されることなく、自分の意思で行動しよう。

それでも悪口を言われたり、いじめられたりするにどうしても耐えられないなら、学校辞めればいいんです。馬鹿のいる学校なんていく必要ありません。勉強は図書館でもできます。

学校をやめるということは、他人とは違う生き方を選んだということ。それだけで価値がある。他人と同じ行動をしないというのは、生き方として大事です。

どっちみち恥はかくことになる

便所飯が恥ずかしい人は、まだ本当の恥じというものを分かっていません。社会に出たらもっと恥ずかしい思いをします。

こんなことで恥ずかしがっていたら、生きていけません。働き出したら、恥をかくことだらけです。

大勢の人前で罵倒されたり、怒られたり、そんなの当たり前です。自分のミスで他人に迷惑かけまくります。自尊心は打ち砕かれ、プライドなんてなくなります。

そのうちに自分がいかに未熟かを気づき、恥というものがなくなります。

恥ずかしいという人は、妙なプライドがあるから恥ずかしいんです。開き直って生きたら、恥という感情すら消えます。

最後に

とにかく便所飯ダサいから止めなさい。そんな場所で食ってたら飯も不味くなる。

堂々とひとりで食えばいいんです。

マスターともなれば、ひとりで飯を食うのは当たり前。焼肉、寿司、レストランなんて普通です。

そしてそれが楽しくなってきます。ひとりの方が気が楽でいいんです。自分のペースで食べられますし、マナーも気にする必要がない。

開き直って、ぼっち道を突き進むと楽になりますよ。

最後にもう一度言うよ。

便所飯やめよう!!

自分らしく生きよう!!

スポンサーリンク