簡易防音室『だんぼっち』大家族の受験生には最高じゃないか!

スポンサーリンク

家で大声出したいときってありますよね。僕は普段カラオケしないんですが、時たま無性に絶叫したくなります。(これってヤバい!?)

でもアパートに住んでいると、隣人への騒音問題に発展しそうで、ためらってしまいます。結果、絶叫どころか囁きです。ストレス溜まります。

「自宅が防音室ならいいのになぁ。」

今まで何度こう思ったことでしょうか。(カラオケ店に行けって話ですが……)

色々調べると防音素材はドン引きする値段です。やはり無理なのか……

いや、人類なめたらアカン。この希望を叶えてくれるものがあったのです。

その名も『だんぼっち』。

超凄いよ。

だんぼっちとは?

だんぼっちって何なんだよってことで調べましたよ。

わかりやすく説明すると、ダンボールで出来た簡易防音室。

ダンボールで一人ぼっちになれるから『だんぼっち』。

ダンボールはハニカム構造になっており、強度抜群。ヘナヘナにならないのが特徴。

一体どんなものなのか?

画像見てもらった方が、早いですよね。

だんぼっち

引用元:お手軽、低価格|段ボール製簡易防音室だんぼっち – vibe labo

 

一見すると、ダンボールで出来た電話ボックスのようにも見えます。こんなんで本当に防音出来るのか?こちとら絶叫したいのです。

 

だんぼっちだんぼっち

引用元:お手軽、低価格|段ボール製簡易防音室だんぼっち – vibe labo

 

データを見る限り、怒鳴り声が普通の会話と同じ大きさになるということらしい。絶叫しても、騒音問題にならないということか。素晴らしい。

 

だんぼっちの組み立て方なる動画もあったので、貼っておきます。

用途を考えてみる

絶叫以外にも、カラオケしたり、ウェブ動画を配信したりする人に需要があるみたいです。ニコ動をやってる人に人気らしいですね。

だんぼっち

引用元:だんぼっち体験レポート

 

こんな感じで室内を快適空間にする人もいました。

ビフォーアフターの匠も驚きの部屋。

こもるには最高です。

 

家族と住んでいる人は、何かとテレビ音とか、親父のイビキとかで集中出来ないって時あります。

これがあればもう大丈夫。

 

僕の実家は大家族で、自分だけの部屋がなかった。弟と共同部屋でした。弟がテレビを見ていると、勉強しにくい。耳栓してても完全にはシャットアウトできないし、テレビの画面は嫌でも見えてしまいますから、集中できない。特に受験の時は大変だった。

あのときにコレ欲しかった!!

ほんと心の底から思いました。

ということで、

兄弟と共同部屋の受験生にオススメ!!

もちろん絶叫もオッケー。

最後に

で、気になるお値段なんですが……

結構します。

iPad一台分くらい。

ただ、防音室を作るよりかは安い。頑張れば手に入りそうな値段ではあります。

絶叫だけのために買うのはキツイですが、受験生にはいいんじゃないでしょうか。

騒音で悩んでいる受験生のために、お父さんがプレゼントしてもいいかもしれません。コレ買ってしまえば、嫌でも勉強しますよ。

 

スポンサーリンク