友達増やすな!むしろ減らせ!T型フォード人間からの脱却

tomodatiherase

スポンサーリンク

「一年生になったら、一年生になったら、友達100人できるかな〜」

この歌は幼少期に「友達多い=善」を叩き込むという洗脳ソングである。

友達100人なんていらないよ。大変だからやめとけって。

ということで第三回「ブラックぼっち論」のテーマは友達減らせ!です。

友達多い人の怠惰な1日

ここで友達が100人いるA君の1日を見てみよう。

彼は友達が多いが普通のリーマンである。

まず朝起きて、チェックするのはLINE、Facebook、Twitterだ。仕事の空き時間も当然チェック。なんてったって友達が100人もいるのだ。チェックするのも大変だ。

もちろん彼自身、リア充アピールに余念がない。スタバに行ったら、買ったばかりのMacBookを広げ、キャラメルフラペチーノを片手に自撮り、Instagramにアップする。

仕事が終わるといつも友達からの誘いがある。毎日が誘惑だ。

飯行かない?カラオケどう?飲み会は?

そんな誘惑に負けてしまい、毎晩仕事の愚痴を肴に酒を飲む。

馬鹿騒ぎして、享楽に浸る。彼にとって1日で最高の瞬間だ。

飲み代は少ない給料の中からひねり出す。友達と遊んでばかりいるので家計は常に火の車だ。

酔っ払って家に帰り、そのまま何もすることなく床に着く。大イビキをかきながら熟睡。

そしてまた昨日と同じ朝が来るのだ。

君は気づいているか?

この非生産的な日常を。

自分を成長させる時間をなくせば、家畜のまま死んでいく人生だ。

T型フォード人間

A君は流行を追っかけ、洗脳され、時代に量産された典型的な人間である。

車よろしく、大量に作られる。作られた車に違いはない。どれも変わらず、個性などない。

まさにT型フォードのような人間である。

彼らにも利点はある。それはA君の代わりは誰でもいるということだ。A君が死んで悲しむのは、両親だけである。

A君が死んでも社会はまたT型フォード人間を作ればいいだけだ。

T型フォード人間はFacebook社と居酒屋チェーン店に莫大な利益をもたらし、会社に家畜のように扱われる。社会にとってはなくてはならない存在だ。

そう、既得権益者はT型フォード人間に感謝している。きっとこう思っているに違いない。「時代に流されてくれてありがとよ。」

友達減らして脱家畜

T型フォード人間からの脱却するためには、まず友達を減らすことだ。

友達を減らす利点は数え切れない。

  • お金が貯まる
  • 時間が増える
  • 愚痴や妬みなどのダークサイドと付き合わなくてすむ
  • 気を使わなくてすむ
  • 時代に流されず、自分の道を進める
  • 他人と比較することがなくなる

まず友達を減らして、時間を作る。これが先決だ。

人生は有限だ。君は残りの寿命をFacebookと飲み会で溶かしてもいいのか?

正直、この2つから解放されるだけでも、かなりの時間が作れると思う。

そしたら後はひたすら自己投資。自分を成長させるために時間を使うのだ。

言ってしまえば勉強である。

1日1時間でもいい。とにかく続けるのだ。

社会人になると、勉強しなくなる人が多すぎる。だからこそ、勉強すれば優位に立てるのだ。

英会話、プログラミング、読書、なんでもいい。とにかくやるのだ。

数年後にはT型フォード人間とは天地の差が生まれている。

勉強している人間というのは、会話するだけでわかるものだ。語彙が違う。その匂いはT型フォード人間にはわからない。一方、勉強している人間同士ならどことなくわかるのだ。

実力がついたら君は運命に抵抗できる。自由になれる可能性を手にすることができる。あくまで可能性だ。ようやくスタートラインに立ったということだ。

一方、T型フォード人間はあなたが成長しているとは知らず、いつもと同じように酒を飲む。墓場行くまで無限ループ。

ぼっちになろう

さぁ、友達減らして、勉強だ!

慣れないうちは辛いかもしれない。でもこの世はトレードオフなんだ。この苦痛と仲良くなれなきゃ、一生、T型フォード人間だ。

慣れてしまえば、問題ない。友達は少なく、濃密にだ。

勇気を持って友達減らせ。最初は辛いかもしれないが、やがて孤独が君を救うだろう。

「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ!」by一休

孤独をためらうな。迷わず行けよ。

スポンサーリンク