暇を暇でつぶす「スローテレビ」という衝撃的番組!

鉄道

スポンサーリンク

何も起こらない番組「スローテレビ」

ノルウェー発の衝撃的な番組をご存知でしょうか?

その名も「スローテレビ」。

どんな内容かというと、ただひたすら電車から見える風景を放送するという前代未聞の番組です。はっきり言って、何も起こりません。風景が変わるだけです。暇を暇でつぶす番組です。日本にも「世界の車窓から」という番組がありますが、この番組は一味違う。とにかくぶっ飛んでいます。

なんと放送時間が7時間16分!!

全く、呆れ返りますよ。ノルウェーのテレビ局は、よく放送時間取れたな。そしてこれを放送するなんて……アンパンマンより勇気あるじゃないか。

一体、こんな番組誰が見るんだと思いきや、ノルウェーで大ブームを巻き起こし、高視聴率を連発!嘘でしょ……。過激を追求している日本のテレビ番組では考えられません。

人気の秘訣

一体、なぜここまでスローテレビが人気になったのでしょうか?

もちろんノルウェーの国民性もあると思います。スローライフを好む北欧独特の性格です。ただ、それだけじゃない。

忙しい社会だからこそ、心を癒すスローなコンテンツが必要になっているのです。まさに世界中が求めていた番組であります。

日本人は特に働きすぎ。もうちょっと、ゆっくりしようよ。ノルウェー人見習おうよ。会社から帰ってきて、ゆっくりしたテレビを見て、リラックスしましょうよ。

カラオケでストレス解消する人もいますが、僕みたいにうるさいのは苦手という人には、スローテレビが向いています。

ちなみに……

この番組は大好評で、続編も次々放送されています。

船旅をひたすら流し続けるフィティルーテン編ではなんと放送時間が134時間!!

やりましたね。ノルウェー。ぶっ飛びすぎです。この番組はギネス認定されました。

スローテレビはノルウェーのテレビ局「ノルウェー放送協会」がネットで公開しているので、いつでも見れます。

ノルウェー放送協会NRK

参考資料:スローテレビ – Wikipedia

 

 

スポンサーリンク