ダークサイドの塊「闇金ウシジマくん」×「ぼっち論」

お金

スポンサーリンク

「闇金ウシジマくん」知ってる人は多いと思いますが、これがまぁヤバイ。

ダークサイドのオンパレード。頭のネジが吹っ飛んでる奴しか出てこない。

ということで、今回は「闇金ウシジマくん」×「ぼっち論」です。

孤独を埋めるために金を使うな

ここに出てくるキャラクターは、どうしようもない人たちばかり。

孤独を埋めるために、ホストで金を使い、金がなくなりゃ闇金で借りる。利息返すために水商売で働き、余ったお金はまたホストへ。

負の無限ループ。

脱出する兆しがない。利息が減ってるんなら、まだ兆しはあるんですが、闇金なので減らない。しかも本人に危機感がないから、余ったお金で遊んじゃう。

孤独は「お金が貯まる」と思っていた僕は間違っていたようです。

つまり孤独にも2種類あって、

  1. 開き直った状態。孤独を埋めようとは思わない。
  2. 孤独を嫌がっている状態。何をしてでもいいから孤独を埋めたがる。

後者は浪費がすごい。

しかもホストやキャバクラなどにハマったときはもう…

人生終わりレベル。

もちろん脱出することも可能ですが、本当に変わろうと思わないと無理。死のギリギリまでいかないと変わらない。キツイです。地獄です。

でも、こういう人に「ぼっちを受け入れろよ」って言っても無駄なんでしょう。だから破滅してから気づくのでしょう。

闇金ウシジマくんって何が言いたいのかというと

借金するな。浪費するな。自立しろ。働け。真面目に生きろ。金は大事。

という至極当然なことなんです。

でも見た目は大人、頭脳は子供みたいな、逆コナン君な人たちにとっては、地獄を体験しない限り理解できないようです。

ぼっちなら早く受け入れて、孤独を金で埋めようとすることはやめましょう。取り返しつかない事になってしまいますよ。

スポンサーリンク