なぜ学校に行くのか?勉強する理由

学校

なぜ学校に行くのだろう?なぜ勉強するのだろう?

この理由は中高校生の時にはよく分からなかった。でも社会にでるようになると、嫌というほど痛感する。

人は学歴しか見ていない」ということを。

結論から言うと、学校の勉強は適当に流して卒業だけしちゃおうってことです。

大卒か高卒か

就活やバイトを探そうとするとちらほら目にする「応募資格『高卒』『大卒』」という文字。

しかし中高生の時は真の重みはわからないだろう。一番実感するのは、自立するときである。

特に中卒、高卒の人はどれだけ求人が限られているかわかるはずだ。まず一流企業では高卒はとらない。

大事なのはどれだけ勉強したかではない。頭がいいかでもない。

高卒か?大卒か?である。

どこの大学かなんて関係ない

そう、どこの大学に行っていたかなんて、殆ど関係ない。マイナーな大学でも、偏差値が低い大学でも卒業していれば大卒者である。

求人に応募できるのである。これだけでかなり違う。入り口が広いのだ。

一方、一番厳しいのが中卒。

どれだけ厳しいか求人サイトで検索してみるといい。求人数はほんとに少ない。

中卒者が応募できるのは、学歴が関係ない過酷な肉体労働か、高いスキルを必要とされる技術者くらいなのだ。

この重みがわかるだろうか?

人はどこの学校に通っていたかなんて気にしない。大事なのは、最終学歴である。

逆に言えば、どんなに偏差値が低くても大学を卒業していれば、かなり優位だ。

といっても大学に行くのはお金がかかる。奨学金なんて、名のいい借金なので、大学に進学するかは慎重に決めるべきだ。

ただこれだけは言える。

高校だけは行っとこう!

学校の勉強なんて適当に流しちゃおう

勉強が嫌いでもいい。苦手でもいい。適当にやっとけばいいのだ。

いじめられている人は、通信制高校という手もあるし、高卒認定試験という手もある。

正直、学校の勉強なんてほとんど役に立たない。適当に流していいと思う。適当にやって卒業証書だけもらっておこう。

古文なんていつ使うのか?なんて考えていると勉強が嫌になる。ほとんどの人は日常でも仕事でも古文なんて全く使わない。

だからなぜ勉強するのだろうという答えは

「学歴のため」

これしかないと思う。

だから適当に流して卒業しちゃおう。逆に言えば学生の時は勉強を目的にするよりも卒業を目的にしたほうがいいよ

ただ就職してから仕事の勉強は必須ですけどね。脳の容量をそっちに残しておいてもいいと思うよ。

脱ぼっちしたい人へ

最後までお読み頂き、ありがとうございます!